◆保育方針

「三つ子の魂」、昔から言われることわざです。

3歳までに習得した知識や経験、その環境や育まれた情緒は、潜在能力として
その後の成長に多大な影響を及ぼすと言われています。
ポレ・ポレでは、良い生活環境とは何か?を考え、家庭生活の延長線上での
少人数制・異年齢保育で優しさとコミュニケーションが好循環する環境を
こころがけています。そのなかでお子様ひとりひとりの個性を豊かに育み、
それぞれの可能性を引き出し、伸ばすことを保育方針としています。
また、国際社会に対応できるよう外国人スタッフによる生の英語を取りいれた
レッスンや自己表現力の芽生えに効果をもたらすリトミックの導入など、
様々な体験や環境の整備に力を入れ、取り組んでおります。

少子化で一人っ子が増え、子どもの集団ができにくい現代に、異年齢で
生活できる環境は大変貴重です。ポレ・ポレルームでは、少人数制のため集団が
小さく、子どもたちのかかわり・つながりの質が違います。

ポレ・ポレルームは「第二の家庭」を目指し、お子さまのご成長を保護者様と共に見守って参ります。

ポレ・ポレ本社はこちらから→